まるわかり!ワキガと多汗症

>「わきが・多汗症治療法」一覧

エステ式治療法

インフォレーゼ法

インフォレーゼ法

エステにおいて、永久脱毛よりもワキガを軽減させることに重点を置いた方法です。ホルマリンの電極性を利用し、ホルマリン漬けのガーゼを脇に押し当てながら電流を流し、アポクリン汗腺口を閉じることによりワキガを抑えます。現状は、他のエステで使われる永久脱毛兼わきが治療方法と同様、汗腺類を破壊するには至っていなく、再発するケースが目立ちます。インフォレーゼ法だと、わきが臭を抑えられる期間は2−3週間だと言われています。

ページのトップへ ▲

電気凝固法

電気凝固法

電気分解法と同じく、エステで使われる脱毛法です。これは毛根より少し離れた位置に針を刺し、高周波電流を流すことにより毛根を固め、毛を抜きます。アポクリン汗腺や皮脂腺も同様に高周波電流で破壊するので永久脱毛と、わきがに効果的だといわれます。しかし、実際には再発してしまうケースが多いようです。汗腺類を完全に破壊することができていないのが現状です。

ページのトップへ ▲

電気分解法

電気分解法

エステで行なわれる脱毛法で、わきがを抑制すると言われています。一般に幅広く用いられるのがこの電気分解法ですが、毛穴に針を挿入し電流を流すことにより、毛根組織をアポクリン汗腺分泌口と共に破壊するのを目的とします。この方法は、脇毛根を一つずつ処置していくため、一個人片脇下約800本の毛があると言われている中、時間がかかると共に費用もかさみます。

また、エステでは麻酔使用が許可されていないため毛穴へ針を挿入した際に痛みを伴います。治療とは言われていますが、わきがに対しては汗腺口をふさぐことしかできず、汗腺自体を完全に破壊するわけではないので一時的に、わきが臭がなくなったとしても再発の恐れがあります。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.