まるわかり!ワキガと多汗症

>「わきが・多汗症」一覧

わきが発生のメカニズム

多量の汗による臭いの発散

多量の汗による臭いの発散

普通の人よりたくさん汗をかくのはワキガ体質だからであるとは一概に言えません。わきがのニオイとは汗の臭いとは異なるからです。肥満傾向の人は、皮下脂肪が厚く、体内熱が放出されにくいため、汗をたくさんかくことによって体温調節がなされます。

他に、食事中摂取された食べ物が体内でエネルギーに変換される過程で発される熱エネルギーを放出するためにも汗がたくさん出ます。このような汗は主にほとんど無臭な「エクリン汗」です。

エクリン汗自体は無臭ですが、多量に汗をかくことによって、エクリン汗はアポクリン汗を広げてしまうので、わきが臭を強める役割をも担ってしまうのです。

ページのトップへ ▲

わきが体質は遺伝性

わきが体質は遺伝性

わきが、多汗症は人間体質であり、その体質は両親から受け継がれます。統計では、両親二人共にわきが体質の場合80%、片方なら50%の確立で子供に遺伝します。もちろんそれに当てはまらないケースがありますが、それは食生活やストレス環境によって大きく影響されるからのようです。

また、思春期前はアポクリン汗腺が未発達のためニオイが目立たなく、遺伝されているとしてもわからないことがあります。しかし、両親がわきがでなくても、子供がわきがになる場合もあります。これは祖父母や親戚に、わきがの人がいると思われます。

ページのトップへ ▲

汗+細菌=悪臭

汗+細菌=悪臭

わきが最大の原因はアポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗です。常在菌と呼ばれる肌表皮の雑菌退治を仕事とする細菌が、この種の汗に含まれる脂肪分やたんぱく質を糧とし分解することにより腐敗臭を発します。皮脂腺からの脂肪分もこの過程に加わり、この臭いの素がエクリン汗によって広げられて、わきがの臭いが発散されるのです。

もちろん個人差によって、汗腺の数、常在菌の種類や数、または汗の成分が違ってきます。よって、ニオイやその強さが個人個人で違うのです。

ページのトップへ ▲