まるわかり!ワキガと多汗症

>「わきが・多汗症Q&A」一覧

わきが・多汗症Q&A

治療を受けるべき?

治療を受けるべき?

いかなる不安や迷いは、知識や情報が不足しているときに生まれます。心の、もやもやを解決して治療手術を受けるかどうか自分で判断を下すためには、まず情報収集をしてしっかりと検討することです。自分の目で見たものを頭で考え、そこから導かれた結果が最良の決断と言えるでしょう。治療を受けるかどうかを決めるのは他でもない、あなた自身です。

ページのトップへ ▲

再発・後遺症はある?

再発・後遺症はある?

従来の、わきが・多汗症治療には再発の恐れや後遺症の不安はつきものでした。しかし、超音波治療は現在の最先端技術です。安全且つ確実に、わきが・多汗症を解決することができ、何より再発や後遺症の心配がありません。汗と臭いに関して再発や後遺症などの悩みや不安を全て取り除いて解決できるのが超音波治療なのです。

ページのトップへ ▲

手術を断られることはある?

手術を断られることはある?

医師が患者の治療を断る場合は何点かあります。1つ目は、特定の病歴や持病を持つ患者の場合です。出血が止まらなくなる可能性のある血友病患者や、糖尿病、高血圧、妊娠中の患者などは症状具合によって断るケースがあります。

2つ目はカウンセリングを無視する患者の場合です。自分の要求ばかりで医師に耳を貸さない患者、医師の質問に正直に答えない患者など、カウンセリングを成立することができない患者には手術を断ることがあります。

また、患者の臭いや汗に関して悩む必要がないレベルであった場合にも、手術が必要でないことを伝えます。

ページのトップへ ▲

アフターケアもしてくれる?

アフターケアもしてくれる?

超音波治療法は通常入院や通院を必要としませんが、万が一、術後に異常をきたしたときには万全の体制を整えているのがクリニックです。クリニックそれぞれでアフターケアの内容や方針が違いますが、例えばいかなる事態が起こっても追加料金が発生しない所もあります。もし手術後に何か気になることがでてきたら、躊躇なくクリニックに相談することです。

ページのトップへ ▲

すそワキガも治療できる?

すそワキガも治療できる?

わきがの臭いが強い人は、わきが要因であるアポクリン感染が発達していて、乳首やおへそ周り、また陰部のアポクリン汗腺も発達しているといえます。そんな人は、すそワキガである可能性もあるわけです。ただ、すそワキガ治療の場合は繊細な部分に手術を施行することになりますが、超音波治療は、脇下の治療と同じ術法で、すそワキガも安全、かつ確実に治します。

ページのトップへ ▲

過去に受けた手術をやり直せる?

過去に受けた手術をやり直せる?

以前に、わきが・多汗症治療を受けたものの再発してしまったため、もう一度違うクリニックで治療を受けたいと相談される患者もいます。クリニックによって治療方法や治療技術が違いますので、より安全で、より確実な治療をしてくれるクリニックを探しましょう。超音波治療なら、再発してしまった、わきが・多汗症を根絶することができます。

ページのトップへ ▲

誰にも知られずに治療を受けられる?

誰にも知られずに治療を受けられる?

クリニックに、わきが・多汗症の悩みで来る患者の、みなさんが心配するのは、誰かに自分が治療を受けたのがバレてしまわないか、ということです。医師法では、「業務上の個人情報を外部に漏らしてはいけない」と定められています。

厳格に守秘義務を徹底しているので、他人に知られるといった心配はありません。また、超音波治療では入院や通院が不要のため、会社や学校を休まずに手術を受けることができます。そのため、同僚や友人に感づかれるといったこともありません。

ページのトップへ ▲

クリニックの選び方は?

クリニックの選び方は?

確実なクリニックを選ぶためには、数件のカウンセリングを受け、自分が納得をした所を選ぶことが大切です。安心して治療を任せれると思うクリニックが「良いクリニック」と言えるでしょう。カウンセリングは治療方法、医師、治療方針などを知る良い場です。まずは予約を入れて直接カウンセリングに足を運んでみることです。

ページのトップへ ▲

年齢制限はある?

年齢制限はある?

現代の、わきが・多汗症治療手術には年齢制限がありません。実際、汗腺類が活発に活動し始めるのは思春期からで、体の状態が安定してから治療を受けるのが理想的です。しかし、幼いころからすでにニオイがきつく悩んでいる小学生や、高齢になって初めて人からの指摘で自分のニオイに気が付き悩みだした方など、年齢に関係なく手術を受けることができます。悩みを持つ人なら、どなたでも解決することができるのが超音波治療です。

ページのトップへ ▲

手術前・手術後に気をつけることは?

手術前・手術後に気をつけることは?

わきが・多汗症の手術前夜にすることは、治療後2日間脇を洗うことができなくなるのでしっかりと入浴し清潔を保つことです。アルコール摂取は手術に支障をきたす可能性があるので避けましょう。手術当日は早めにクリニックに到着して手術に臨み、術後は何時間か体を休めて帰るくらいの時間のゆとりを持てるのが理想的です。そうすることにより術後経過も精神的にも身体的にも安定するでしょう。

ページのトップへ ▲

超音波治療はやけどを起こす?

超音波治療はやけどを起こす?

書籍やインターネットで時々、超音波治療の危険性として、やけどについて記述されていることもあるため、超音波治療は、やけどを起こすのでは、と不安に思う方もいることでしょう。しかしそれは、「個人に合わない周波数を設定し、長時間組織に超音波を当て続けてしまう」とやけどを負う可能性があるということです。つまり、超音波機器を扱う医師に技量があるかどうかが問題となります。もともと超音波治療は一番高い安全性を持つ方法です。やけどを負わないためにも医師が技術、知識、そして経験があるかを吟味することが大切です。

ページのトップへ ▲

超音波治療と他の治療との違いは?

超音波治療と他の治療との違いは?

今までは、わきが・多汗症治療を重視することにより安全性が低くなったり、逆に安全性を重視すことにより治療の効果が下がったりとの模索が繰り返されてきました。汗やニオイの悩みを徹底的に解消することが、なかなか難しかったのです。しかし、最先端技術の超音波治療は、悩み全てを解決できます。つまり、高い安全性と確実な治療効果を実現することができるのです。それが他の治療法と大きく異なる点でしょう。

ページのトップへ ▲

治療費はいくら?

治療費はいくら?

それぞれのクリニックで費用は異なるので一概には言えませんが、超音波治療を専門にしているクリニックでは、18万〜36万円とされています。尚、汗類の分布範囲や密度に個人差があるので料金設定にも幅があります。実際に明確な治療費はカウンセリングを終えて提示します。ちなみに、わきが・多汗症治療は健康保険を適用することができないことを覚えておいてください。

ページのトップへ ▲

カウンセリングに用意するものは?

カウンセリングに用意するものは?

カウンセリングの際に必要になるのは、患者自身の正確な情報です。今までにかかった病気名、持病、処方されている薬名、アレルギー、妊娠の有無など、明確に医師に伝えることが治療をより安全に行なうために必要となります。また、疑問点や聞きたいことを事前にリストアップしておくことにより、不安と緊張の下でも、もやもやする気持ちを全て解決できるでしょう。

ページのトップへ ▲

カウンセリングだけ受けるのは可能?

カウンセリングだけ受けるのは可能?

カウンセリングを受ければ治療も受けなければいけないという概念は捨てましょう。カウンセリングはクリニック選びをする有効な場です。いろいろな情報を収集するという意味でも、治療手術を受けるかどうかはカウンセリングの後に患者自身で決めるべきです。

しつこく手術を勧められたり、カウンセリングの後に勧誘の電話が来る心配はありません。数件のクリニックに絞った上で、それぞれのカウンセリングを受けることをお勧めします。

ページのトップへ ▲

わきがは伝染する?

わきがは伝染する?

わきが・多汗症は伝染しません。「体質」によるもので、ウィルスによる感染症ではありません。親から子へと遺伝することはあります。しかし、遺伝は感染とは異なります。また、夫婦や恋人間で臭いが移ると聞かれたことがあるかもしれませんが、これは単なる移り香です。わきがが伝染したわけではないのです。

ページのトップへ ▲

わきが・多汗症は本当に治るのか?

わきが・多汗症は本当に治るのか?

わきが・多汗症を少なくとも通常のレベル以下に抑えることが、できるのかどうかが気になるところでしょうが、「治ります」が答えです。

多すぎる汗や、わきがの強い臭いを解決できなければ治療の意味がありません。超音波治療は、従来の欠点であった再発、手術時間、傷跡、後遺症、入院など全ての問題点を解決します。悩む前に専門家の医師に相談してみましょう。

ページのトップへ ▲


Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.