まるわかり!ワキガと多汗症

>「わきが・多汗症」一覧

多汗症について

多汗症とは

多汗症とは

アポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多いものを「多汗症」と言います。多量の汗をかくから多汗症というものではなく、緊張したときやびっくりしたときにかく精神性発汗(エクリン汗腺からの分泌)による汗の異常で、緊張したときやびっくりしたときにかく精神性発汗による汗の異常を言います。

緊張しやすい人や太っている人、甲状腺機能の亢進している人などにも多汗症は多く存在します。 多汗症に気づくきっかけは、字を書こうと思ったら紙が濡れて破れてしまった、フォークダンスのとき、他の人と手をつなごうと思ったら自分の手がべたべたしていたなどあります。汗をかく量も「いつも手足が湿っている」程度の人から「滴り落ちるほどいつも濡れている」人までさまざまです。

ページのトップへ ▲

多汗症の種類

多汗症の種類

多汗症には2種類あります。急性リュウマチや結核、女性の場合生殖器障害から起こる全身性多汗症と、ストレスなどによって自律神経のバランスが崩れることから起こる局所性多汗症です。わきの下、手のひら(手掌多汗症)、足のうら(足蹠多汗症)など、人により症状の強い場所が異なり、体全体に汗をかいたり、手のひら、足の裏、わきの下などに汗をかいたりと、発汗部所によって全身性であるか局所性であるかを見極めます。

いづれにしても多汗症の場合は二次的症状を引き起こすことが多く、例えば足が多量の汗をかくために蒸れてしまい、結果として強い悪臭を促してしまうケースなどがあります。

ページのトップへ ▲

多汗症と汗かきの相違点

多汗症と汗かきの相違点

いくら多汗だとしても、汗をかく時、体内で体温調節をしている時であれば、単なる汗かきとなります。逆に体温調節が不必要な場合でも汗を多量にかくのは、エクリン汗多量「症」、いわゆる多汗症となります。

言い換えれば、体温上昇の要因、例えば気温や運動に対する反応が過敏であるがために過度な汗をかいてしまうのが汗かきの人、逆に、暑くもないし、食事をしたわけでもないのに多量な汗が出てしまう人が多汗症というわけです。

ページのトップへ ▲

多汗症の治療

ボトックス注射

ボトックス注射

多汗症に効果があるのが「ボトックス」(筋肉や神経の伝達をブロックするお薬)。ボトックスをワキの下に注射します。ボトックスは交感神経繊維をブロックすることにより汗腺への発汗指令を止める働きをします。そのため根本的に汗が出なくなるのです。この治療は非常に簡単で治療時間は10分〜15分程度です。年に何回か注入していくことにより、数年で汗腺が萎縮して汗の分泌量が減少します。

超音波治療

多汗症にも、「超音波治療」が有効です。「超音波治療」は汗腺類を効果的に破壊できますから、多汗症の原因であるエクリン汗腺も除去することができます。しかし、この場合、エクリン汗腺とアポクリン汗腺のある深さが違うため、超音波の周波数や出力を微妙に調節する必要があり、医師の技量が求められます。

また、アポクリン汗腺は破壊すると二度と再生しませんが、エクリン汗腺はある程度再生します。これは体温調整などで体が必要と する器官なので、手術のときもある程度残すことが重要になります。

交感神経切除

発汗を作用している交感神経をブロックするというものです。手のひらの汗を止める場合は「胸腔鏡下交換神経切除術」と言われる胸腔鏡(スコープ)を使って胸部交感神経を遮断します。全身麻酔をして、わきの下の皮膚を2〜4ミリほど切って行われます傷口も小さく、手術時間も短いため、負担は少ないです。また、同様に、足の裏の汗を止めるには、腰椎の交感神経をブロックする手術があります。



【PR】
Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.