まるわかり!ワキガと多汗症

>「わきが・多汗症」一覧

わきがについて

わきがとは

わきがとは

わきがとは、わきの下にあるアポクリン腺という汗の出る腺から分泌した汗の一種が細菌などに汚染されて臭いを放つ症状の事です。わきがのにおいは、腋の下からの鼻をつくような不快な臭いがその原因の大半です。医学的には 「臭汗症」「腋臭症」と言われます。

ワキの下には、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺という分泌腺があり、わきがの臭いは腋の下のアポクリン腺という汗腺から出た汗に含まれている脂肪酸が皮膚表面の常在菌が混じり合って発生します。アポクリン汗腺は、ホルモンの分泌が活発になる「思春期」のころより活動をはじめる為、この頃に症状が現れる方が多いようです。またアポクリン腺以外のもうひとつの汗腺もその臭いの発散に関わっています。

ページのトップへ ▲

欧米人と日本人

欧米人の約8割がわきが体質なのに対し、日本人は1割未満と少数です。

民族ごとのわきが体質の比率については、一般的に黒人が100%、欧米人が70〜90%、日本人が10〜15%、中国人3〜5%と言われています。肉食中心で高カロリー、高脂肪食の食生活であるほどわきが体質の人の割合が多いようです。 その理由として、食文化の違いが大きく影響していると言われています。本来、歴史的に欧米人は狩猟民族であり、東洋人は農耕民族になります。狩猟民族は動物性のタンパク質や脂肪分を、農耕民族は作物からタンパク質や脂肪分を摂っていました。

欧米人の約8割がわきが体質

このような背景から長年かけて体質の違いが確立され、体臭に影響を与えることになったと考えられます。しかし、日本人の食生活が欧米人と似通ってきているため、ワキガ体質の方が増加してきている傾向があります。

一説によると、ワキガ体質者は全国で500万人、そのうち強い体質者が200万人を超すといわれています。このわきが体質はもともと、狩猟民族である西洋人で80%強、農耕民族の日本人で約10%。つまり、日常的なこととして体臭を気にしない西洋人にくらべ、体臭に慣れていない日本人にとってはいっそう気になる臭いなのです。

ページのトップへ ▲

わきがと体臭の違い

わきがと体臭の違い

わきがと体臭の違いを知るためには、そのニオイを抑えることができるかどうかを知ることが必要です。例えば、口臭なら治療を施すことにより臭いを抑えることができます。頭が汗臭いのなら頻繁な洗髪で解決できるでしょう。

しかし、わきがとはニオイを軽減することはできても完全に抑えることまではできません。一般では誤った知識により不潔だから、わきがになると考えられがちですが、清潔を保ったとしてもわきがをなくすことはできないのです。

ページのトップへ ▲

わきがと汗のニオイの相違点

わきがと汗のニオイの相違点

わきがの臭いと汗のにおいは別物です。ワキガは病気扱いされないだけ、正しい知識を得るのが難しいので誤解が生まれがちです。体臭とはさまざまな個体差のある臭いで、健康状態によってもにおいが強くなることもあります。口臭、頭皮臭、また、何日もお風呂に入らなかったことによる汗臭さなどいづれも臭いですが、これはわきがの臭いというわけではありません。

ページのトップへ ▲



【PR】
Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.